オスグット 何

オスグット病って何?

スポンサーリンク

オスグット病というのは、オスグット・シュラッター病のことです。

 

よく発症する年齢は小学校の5、6年生からが非常に多くなってます。
だいたい高校生ぐらいまでの間まで症状が続くことが多いです。

 

症状は、簡単に言えば膝の関節痛です。
膝のおさらあたりすねの上あたりの位置の骨が、ボコってふくらんでいてジャンプしたりするとと痛かったりその部分をぶつけたら痛かったりする症状がオスグット・シュレッター病といいます。

 

どんな人がなるのか?
さきほども書いた通りによく発症するのが小学生5,6年あたりなので子供の成長期に発症します。
中には成長痛という呼び名で呼ばれる人もいます。

スポンサーリンク

特にどんな人がなるかというと、スポーツなどをやっている人に多いのです。
サッカー、テニス、バレー、野球、バスケットボールなどの走る動作が多い人やジャンプしたりする動作が多い人によく発症することがあります。
足を使うスポーツをしている人がよく発症するってことです。

 

簡単に原因は
スポーツなどの運動にいよる疲れている状態が蓄積されておこるのです。
疲れがとれにくいお子さんがよくなる傾向です。
身体などが柔らかくなく硬い人は疲れもとれにくいので体の硬さも関係することです。

 

オスグット・シュレッター病はまだまだしっかりとした対応方法をとってくれる病院もすくないのが現状なのです。
私も病院オスグットで病院に言った経験はありますが、シップやマッサージなどをしてもらい、あとは安静にしておいたほうがいいです。
このような感じなのがほとんどですのでこのサイトに効果的な治し方を書いていきますので是非活用してください。

 

まとめ

 

・オスグット病の発症は小学生の高学年〜高校生ぐらいまで症状は続く。

 

・普段よく足を使うスポーツなどをやっている人がなりやすい。

スポンサーリンク