オスグットになる 原因

オスグットになる原因記事一覧

オスグットになる原因ついて、ご紹介します。オスグットとは膝のあたりからくる関節痛なのですが、このオスグットになる人とならない人がいます。なる人にとってはなんで自分だけ・・・と悲しくなるぐらい痛いときもあるのが現状なのでしっかり原因を理解することが大切です。なにが原因で痛みがでるのか?よくオスグットがなる時期というのが、骨がまだ成長しきっていない状態、骨がまだ柔らかい状態のときですが激しい運動などを...

オスグット病になると最悪の場合、普段の生活ができなくなり、歩いたりや走ったりする動作だけで激痛がはしるときがあります。オスグットが治らなくて病院にいっても安静にしてと言われて、シップなどの薬をもらうだけのところだってある現状です。中には電気治療といってオスグットの膝のあたりに電気を流して治療する方法がありますが、やはり一瞬のきやすめにしかならなくて、治療しているのに、治らないな…とオスグットが治ら...

オスグット病は発症が小学生の高学年ぐらいから高校生ぐらいにかけてがもっとも多いんです。そんな中スポーツをやっている男の子多い傾向なのですが、なぜ女の子はなりにくいのか?こんな疑問をもつ人もいるだろうかと思います。なのでオスグット病がなぜ女の子がなりにくいかをご紹介します。なぜ女の子がオスグット病にかかりずらいかというと、女の子の筋肉の違いからなのです。女の子の筋肉の男の子との違いは、男の子の筋肉よ...

オスグットは重症になったら大変です。早期に治して、重症にならないようすることが大切です。最悪の場合、手術も行わなければならないのです。重症になったら手術の可能性もあるので、オスグットといえど甘くみてはいけないのです。今回はこのオスグットが重症になったらどうなるのか?というのはご紹介していきます。もし手術になった場合は、膝の骨の部分になりますが、もちろん重症なのでリハビリもしていきます。そんな状況な...

オスグットというのは、早期の発見で早期治療で1週間程度で治るものですが、なかには放置などしたりしたせいで悪化して半年から1年、2年と長い期間をかけなければ治らないことだってあるのです。そこで、このオスグットというのは完全に治るのかどうか?完治するのかについてご紹介します。安心してください。必ず完治します。ですが正しい方法をとらなければ逆効果で悪化させてしまうこともあるので要注意です。オスグットの治...

オスグットはなにも治療しないで放置しておくと大変なことになります。今回はこのオスグットが悪化するとどうなるのかご紹介します。オスグットが重症になるとどうなるか?前に書いた記事で重症になると手術までしなければならないことを書いたが、この記事ではもしも悪化したときに他のどんな病気になるかご説明します。オスグット悪化で考えられることはなにか?それは、剥離骨折です。成長途中の子供の骨や筋肉はとても柔らかい...

大人になってもオスグット病はなるのかという疑問について、ご紹介します。まずオスグットになるのはだいたい小学生の高学年からが非常に多いのです。成長期のために骨が急激に成長するため、筋肉がその骨の成長についていけない状態のなか、激しい運動などジャンプや走ったりすることから筋肉と骨の付着部分が炎症をおこしてオスグット病を引き起こすことになるのです。体が硬い人に多い傾向があり、体が硬いとやはり怪我がしやす...

オスグットの症状の炎症について今回はご紹介します。オスグットの正式名称はオスグット・シュラッター病といいますが、これは外国での名前です、日本ではなんと呼ばれているかというと脛骨粗面骨端炎といいます。別に覚えなくてもオスグット病で伝わりますので大丈夫です。簡単に言えば脛骨粗面という部分に炎症がおきているということになるのですが、ようはオスグットは炎症からきているものですので、この炎症を治さない限りい...

今回は、オスグット病と成長痛の違いについ、てご紹介していきます。よく病院にいくと、言われることの中に、オスグットは成長痛だから安静にしておけば治るから激しい運動とは控えるようにすることです。と言われることがありますが、正直に言うと、オスグットと成長痛は別物です。やはりオスグットの専門医みたいのが少ない現状なので医師によって違うことも事実なのです。真実をご紹介します。オスグット病というのは主に子供に...