オスグット なる 原因

オスグットになる原因とは?

スポンサーリンク

オスグットになる原因ついて、ご紹介します。

 

オスグットとは膝のあたりからくる関節痛なのですが、このオスグットになる人とならない人がいます。
なる人にとってはなんで自分だけ・・・
と悲しくなるぐらい痛いときもあるのが現状なのでしっかり原因を理解することが大切です。

 

なにが原因で痛みがでるのか?
よくオスグットがなる時期というのが、骨がまだ成長しきっていない状態、骨がまだ柔らかい状態のときですが激しい運動などをしたりすると、膝のあたりの筋肉が引っ張られ膝のお皿のしたあたりがの筋肉がくっついている部分が内部ではがれてしまったりしてそのことによる炎症がオスグットの原因なのです。

スポンサーリンク

症状の違いはあるのか?
もちろん人それぞれ生活スタイルと体のつくりが違うことから症状の違いがでます。
歩くことが困難な人から激しい運動をすると痛いとか押すと痛いとかです。

 

体の治癒能力が低い人はやはりこのオスグットに長期的に悩まされることになります。

 

女性より男性のほうがなりやすい傾向にあります。
もし女性などがなってしまった場合、長期にわたり症状が続くことがあります。

 

しかしオスグットは骨が折れているわけではないし、外傷などもないためその痛みが中々周りの人には伝えにくいものです。
痛みなどを我慢してスポーツなどを続けると状態が悪化することもあるのでしっかり対処してからにしましょう。

 

まとめ

 

・オスグットの原因は炎症によるものです。

 

・オスグットは外傷がないため痛みが伝えずらいのです。

スポンサーリンク