オスグット 重症

オスグットが重症になったらどうなるのか?

スポンサーリンク

オスグットは重症になったら大変です。
早期に治して、重症にならないようすることが大切です。

 

最悪の場合、手術も行わなければならないのです。
重症になったら手術の可能性もあるので、オスグットといえど甘くみてはいけないのです。
今回はこのオスグットが重症になったらどうなるのか?というのはご紹介していきます。

 

 

もし手術になった場合は、膝の骨の部分になりますが、もちろん重症なのでリハビリもしていきます。
そんな状況なら間違いなく足は動かしにくい状態です。最悪両足でしたら車いす生活にもなってきます。

 

もちろん手術をしたのでよくなっていることはあります。
痛みなどは、ほとんどなくなっているのですが、足の動きが悪くなります。

スポンサーリンク

しかも治ったからと言ってまた同じような生活をすると再発のおそれもあるのでそのオスグットの原因を根源的になくしていくようにするのです。そのためのリハビリともいえるでしょう。

 

本当に手術というのはまれなケースなのですが、手術が必要なケースもあるのでしっかりみなさんは治療していくことが大切です。
もし軽い痛みならば、病院の先生の指示にしたがってスポーツや運動を続けながら治療はできるかもしれませんが、症状が強くでたのなら治すことだけを考えて動いたほうが得策と言えるのです。

 

まとめ

 

・オスグットになると最悪の場合に手術もあり得ることになる。

 

・もし手術したらリハビリの期間もあるので、車いす生活の可能性だってでてくるので注意が必要です。

スポンサーリンク