オスグット 後遺症

オスグットの後遺症はあるのか?

スポンサーリンク

オスグットが、ひどくなり後遺症が残ることがあります。
正しい治療などをしていなかったら、生活の支障がでてしまう後遺症が残ったらみなさん大変ですのでしっかり対処することが、大切です。

 

今回は、このオスグットの後遺症についてご紹介します。

 

オスグットの後遺症とは?
一番多いものでは、膝を曲げたり伸ばしたりすることが普段どおりできないってことです。
スクワットなどが普段どおりできなくなり、違和感や痛みがある状態のことです。。
正直、後遺症とは言いすぎですが、長い期間痛みなどが残ってしまうのなら、後遺症といってもおかしくないのです。

 

オスグットは膝の下あたりが、ボコッっとでていてその部分が炎症を起こして痛い状態のことなのですが、オスグットはこの膝だけではなく
太ももにも負担がかかっています。

スポンサーリンク

この太ももにも、負担がかかって症状がでてくると、膝をまげたり伸ばしたりする動作も大変になり普段余裕で歩いてるのも辛くなります。
この他の病気にかかってしまうこともあるのです。

 

代表的な後遺症は膝がまげたり伸ばしたりがもう一つあります。

 

それはオスグットになり放置していたりするとサポーターなどもちろんつけていない状態のときが続けば膝の下がポコッっとでている状態が、治らないということです。
もちろん完治して、痛みもなく膝の曲げ伸ばしもできているのにです。
骨の形が変わってしまっているのです。
この変形したものは手術をしなければ治らないので、後遺症といえるでしょう。

 

それ以外にも注意したいことがあります。

 

それは、オスグットから引き起こされる別な拡散する障害です。
この他の障害にも、十分気を付けるためにも、体の異変にもすぐきずいてあげるようにすることが、大切なのです。

 

まとめ

 

・後遺症はあるので、しっかり治療しよう。

 

・初期の段階で治療すれば、後遺症にはならなくて済むのです。

スポンサーリンク