オスグット病 大人

オスグット病は大人になってもなるのか?

スポンサーリンク

大人になってもオスグット病はなるのかという疑問について、ご紹介します。

 

まずオスグットになるのはだいたい小学生の高学年からが非常に多いのです。
成長期のために骨が急激に成長するため、筋肉がその骨の成長についていけない状態のなか、激しい運動などジャンプや走ったりすることから筋肉と骨の付着部分が炎症をおこしてオスグット病を引き起こすことになるのです。

 

体が硬い人に多い傾向があり、体が硬いとやはり怪我がしやすかったり治癒能力も低いためオスグット病になりやすい傾向になります。

 

そしてここからが本題のオスグット病は大人になってもなるのか?
成長期が終わり成人になると骨も小学生のときとは違い固まってくるので症状がでなくなるのです。
よって大人になるとオスグット病には、なりません。

スポンサーリンク

と言いたいところでしたが、なるケースもあるのです。
そのケースとしてはまた膝の下の腫れあがった部分などに大人になってからなんだかの大きな刺激などが加わると、再発するのです。

 

この再発することをオスグット後遺症というのです。
いやいや私は小さいときにオスグッ病トにかかったことないわって人も実はオスグット病の症状は人によって違います。
初期症状なんてみなが全然きずきにくいこともあり早期発見できず、長い治療の期間を費やすことだってあるのです。

 

もし大人になってからオスグット病に悩まされるのなら、あなたはオスグットに過去になったことがあり、その後遺症が大人になってから出てきていると考えて大丈夫です。

 

大人になってからも膝にあまり負担をかけないように、気を付けるようにすることが大切です。。

 

まとめ

 

・オスグット病は大人になっても、再発することがある。

 

・オスグット後遺症に悩まされないために、日々予防することが、オススメです。

スポンサーリンク