オスグット 治らない

オスグットは治らないのか?

スポンサーリンク

オスグット病になると最悪の場合、普段の生活ができなくなり、歩いたりや走ったりする動作だけで激痛がはしるときがあります。

 

オスグットが治らなくて病院にいっても安静にしてと言われて、シップなどの薬をもらうだけのところだってある現状です。
中には電気治療といってオスグットの膝のあたりに電気を流して治療する方法がありますが、やはり一瞬のきやすめにしかならなくて、治療しているのに、治らないな…とオスグットが治らないんじゃないかと不安に思うことがあります。

 

安心してください!
オスグットは治らない訳はないです。オスグットは治るのです。
正しい原因を知って正しい治療をしていくことが大事です。

 

オスグットになると痛くて膝が曲げれないだとか、学校にいくまでが大変だという人いますが、やはり重要なことは
症状が悪化する前に早めの治療をすることです。

 

まずは自分がオスグットが治ったときの、状態を思い出しましょう。

スポンサーリンク

・膝を押しても痛くない
・ジャンプしても膝は痛くない
・立ち膝しても大丈夫
・走っても痛みがない

 

この痛みがなくなればだいたいは、オスグットが治ったということになります。
この治ったときの状態を意識することはとても重要になります。

 

もしもなにか現段階でオスグットに対して治療や対策をとっていて治ったときの状態の症状がすこしでもでないのなら時間の無駄になります。
現状医師もオスグット病に関して、間違った診断する人も多いし専門の医師も少ないのが現状なので効果が出ないことは続けないようにしよう。

 

治ってから
もしオスグットが治ったと思ったらすることを紹介します。
その治ったときに効果的だったことを続けていきましょう。
治ったあとのケアが重要なのですね。

 

スポーツなどをしている人は今までケアをしていなくて発症したので、スポーツをする前や休憩時間、終わった後にしっかりケアしていくこtが重要なのです。

 

まとめ

 

・オスグット病は治ります

 

・治ったときの状態を思い出して効果的な対処方法を続ける

スポンサーリンク