オスグット病 成長痛 違い

オスグット病と成長痛の違い

スポンサーリンク

今回は、オスグット病と成長痛の違いについ、てご紹介していきます。

 

よく病院にいくと、言われることの中に、オスグットは成長痛だから安静にしておけば治るから激しい運動とは控えるようにすることです。と言われることがありますが、正直に言うと、オスグットと成長痛は別物です。

 

やはりオスグットの専門医みたいのが少ない現状なので医師によって違うことも事実なのです。
真実をご紹介します。

 

オスグット病というのは
主に子供に多く発症して、スポーツ障害ともいわれます。
成長期に起こることが多く、膝のお皿のしたのあたりが骨と筋肉がはがれて炎症を起こして痛みが起こります。
膝の皿の下なので狭い範囲でおきますね。

スポンサーリンク

成長痛とオスグットの違い
先ほども言った通りオスグットも成長痛も成長期に起こることなので医師もわかりずらいところもあるのです。
違いといえば、オスグットは骨の形が変わってしまうことです。
あと運動をすれば、するほど悪化するのです。
決定的な成長痛との違いとも言えます。

 

あと決定的なのが、成長痛は膝の部分だけでなく、全身のいろいろなところに痛みがでるのです。
例えば、かかとなどに痛みが出るケースです。

 

オスグットになりやすい人は
運動をよくする成長期のこどもで同じ動作をよくする繰り返す運動をする人がよくなる傾向です。
例えばバレーボールなどの一日に、何回もジャンプしたりする動作のことです。

 

一方成長痛は、運動してなくても、もちろん成長痛にはなります。
成長期になることがほとんどですが、特に運動は関係ないのです。

 

まとめ

 

・オスグットは膝が痛くなる、成長痛は膝だけではなくかかとや他の関節も痛くなる。

 

・同じ動作が多い運動をしている人は、オスグットになりやすいのです。

スポンサーリンク