オスグット 治療期間

オスグットの治療期間

スポンサーリンク

膝が痛い!
この症状は成長痛だからさ…本当は成長痛ではないのです!
オスグット病の可能性があるのです。
成長痛とは似てるようで、成長痛とは別なのです。
今回は、オスグットの治療期間についてご紹介します。

 

まず病院にいったら治療される内容なのですが

 

・ストレッチやマッサージ
・サポーターやテーピングの巻き方
・電気治療

 

この中で電気治療が効果的で結果でやすいのですが、人それぞれの部分があるのでだいたい1か月で5〜6回は治療の目安として考えます。

スポンサーリンク

あくまでも完治するってことではなく、安静にしてくださいと言われたらスポーツなどもできないことであるためこのスポーツなどを再開できるまでの期間です。。
ケアのためには継続して治療を続けることが大事です。

 

オスグットというの、厄介です。
子供になりやすいですが、部活などで大会も近いの安静にしてくださいって言われても一生に一回の大会なのに・・・
ってなってしまうので、セルフストレッチなどの独学で治療も重要ですが、その独学の方法を実践しながら、詳しい病院に通うことが一番早い方法です。

 

その方法を実践できれば、一か月以内にはスポーツができるぐらいまでの症状は落ち着きます。

 

まとめ

 

・スポーツができるまでに病院に1か月5〜6回ぐらい通えばスポーツはできるようになる。(早い人もいる)

 

・独学ストレッチと通院が一番早い方法です。

スポンサーリンク