オスグット病 冷やす 温める

オスグット病は冷やすのがいいのか?温めるか?

スポンサーリンク

オスグットの治療には、いろいろな方法があります。
症状の中にはズキズキした痛みが膝にくるので、冷やしたいとかの対応を取りたくなります。

 

なので今回はオスグット病になったら冷やすべきなのか?温めるべきなのかをご紹介します。

 

まず結構有名なスポーツの病気では最初の段階で冷やしておいてあとから温めるという手法が多いなかで、オスグットの場合は冷やしておいたほうが断然いいです。

 

オスグットは炎症からきていますので、しかもオスグットになるところは炎症が起きやすい部分でもあるのです

スポンサーリンク

この炎症を改善させるためにも冷やす行為は、とても効果的なことなのでしっかり冷やしましょう!

 

一方温めるほうは、どうなのか?
温めて血流をよくすることはいいことですが、やりすぎはかなり注意です。
なぜかというと、温めすぎると他の炎症がでる可能性があるのです。

 

他の炎症だけでなく温めすぎるとオスグットが原因の炎症を悪化させることもあるので温めすぎなのは、よくないです。

 

オススメは、シップのなかで「スーっと」するタイプのものと「冷たい」っていうタイプがあんですが、そのなかでもやはり冷たいシップの方を積極的に使っていくことです。

 

やはり温める行為も効果はあるのですが冷やす行為の方が効果が高いので冷やす方をおススメしますので是非活用してください。

 

豆知識
お風呂などのあとは炎症が普段よりも強いので、冷やすことは忘れないようにしてくださいね。

 

まとめ

 

・オスグット病は冷やすことを、おすすめします。

 

・温めるのは血流をよくしますが温めすぎには注意が必要です。

スポンサーリンク