オスグット病 女の子

オスグット病は女の子がなりにくい訳

スポンサーリンク

オスグット病は発症が小学生の高学年ぐらいから高校生ぐらいにかけてがもっとも多いんです。

 

そんな中スポーツをやっている男の子多い傾向なのですが、なぜ女の子はなりにくいのか?こんな疑問をもつ人もいるだろうかと思います。

 

なのでオスグット病がなぜ女の子がなりにくいかをご紹介します。
なぜ女の子がオスグット病にかかりずらいかというと、女の子の筋肉の違いからなのです。
女の子の筋肉の男の子との違いは、男の子の筋肉より女の子の筋肉のほうが柔らかいのです。

 

もちろんならない訳ではないので女の子もオスグット病になることがあります。
もし女の子がオスグット病になると男の子よりも治療時間がかかるんです。

スポンサーリンク

なぜかというと女の子は男の子よりも筋肉が弱いので治療にも時間がかかります。
ですがやはり女の子はオスグット病になりにくいので、もしもなってしまったときはかなり強い症状がでます。

 

私が知っている限りいい医師には出会えず、時間がたてば治るということで治療は続けていましたが3年という月日、オスグット病に悩まされているのです。
女の子はやはりオスグット病になりにくい!ですがなったら長い期間苦しむことが傾向としてあるので、なってしまった場合はすぐに対処して安静にするのが一番です。
だいたいの治療期間は6か月〜3年はみておくことです。

 

まとめ

 

・オスグット病は男の子のほうが筋肉が硬くて女の子のほうが柔らかいから柔らかいとオスグットになりにくい。

 

・女の子の筋肉は弱いのでオスグット病になると治りずらい傾向がある。

スポンサーリンク