オスグット 痛み 軽減

オスグットの痛みを軽減させる方法

スポンサーリンク

オスグットは時に、激痛をあたえて生活に支障がでるぐらいまで非常に大変なことがあります。

 

そんなときでもやらなければならない状況だって存在しますよね?
そんなときにオスグットの痛みを軽減させるために、必要なことを今回はご紹介します。

 

オスグット病というのは筋肉と膝の骨のつないでいる部分が炎症をおこしています。
なにもスポーツやっている人だけがなるわけではなく、スポーツをやっていない人だってオスグットの痛みに悩まされる人だっています。

 

 

痛みを軽減させる方法とは?
オスグットの治療は、早ければ早いほどいいです。
早ければ治りやすいということです。

 

特徴として大きな痛みがすぐでるって感じではなく、ジワジワと違和感のようなものからでてくるのがオスグットの初期症状です。
オスグットを治すく薬というのは現段階ではないです。

スポンサーリンク

病院にいって出る薬といえば張り薬、塗り薬、痛み止めなどがあげられます。
どれも効果はありますが、かなりの激痛ならばやはり痛み止めがオススメです。
オスグットの痛みを軽減するには、かなり即効性があり緊急のときなどは痛み止めに頼るようにします。

 

まずは発症させないことが一番ですので、スポーツの始める前と終わったあとのケアをするようにすることです。
初期の症状はとてもわかりにくいので、走っていてもわかりません。
一番最初にわかる方法として

膝の下あたりの、出っ張っているところを押すと痛い人はオスグットになっている可能性が高いです。

 

オスグットで手術という話も稀にあるのでむしろないに等しいですが、早期発見が一番なので心がけましょう

 

まとめ

 

・痛みを軽減させるもっとも早いのは、痛み止めです。

 

・オスグットの初期症状はわかりにくいので膝の下あたりをたまに押してみるなどのチェックをする。

スポンサーリンク