オスグット 運動制限

オスグットになったら運動制限したほうがいのか?

スポンサーリンク

オスグットになって、病院に行くと「安静にしてください」と言われることが、よくあります。
よくスポーツをしている人に、発症しやすいと言われるが、本当にオスグットになると運動制限はしたほうがいいのか?
今回は、ご紹介します。

 

オスグットは運動制限はしたほうがいいのか?
はい!やっぱり運動制限は、するようにしよう。

 

オスグットは成長期の子供に起きやすく、まだできあがっていない足の筋肉を使い過ぎから起こっているので、単純に使い過ぎなら一度、落ち着けなければならないのです。

 

対処法のひとつに膝を冷やすことで痛みを軽減できますが、それも一瞬の話で、よくなったと思い、運動を始めればすぐに戻り、さらに悪化するおそれだってあります。

スポンサーリンク

運動制限を実行するメリットとは?
このメリットは、かなりあります。
もしもオスグットになって運動制限を実施することによって一週間ぐらいで完治することだって、できるのです。(人による)

 

もしも運動制限をしないで運動を続ければ半年、いや1年、いや2年と悩まされている人は、実は多いのです。
なので運動制限がいかに、大切かわかっていただけたと思います。

 

この運動制限をいうのは、足を使わないからこの運動は大丈夫だという甘い考えはやめることです。
やはり筋肉に緊張を与えること自体あまりよくないので、筋肉がストレスを感じないように安静にすること、運動制限をすることは大切といえるでしょう。

 

まとめ

 

・運動制限をすれば、1週間で治ることもあるのです。

 

・運動制限をしなければ悪化して半年、1年と平気で長引くことがあります。

スポンサーリンク