オスグット 放置

オスグットを放置したらどうなるのか?

スポンサーリンク

最近では、ダンスなどが必修科目になったりとスポーツを子供にならせることがブームにもなっていますが、そんな中で気を付けて起きたいのが、オスグットである。
今回はこのオスグットになってしまったときに、もし放置してなにもしなければどうなるのか?についてご紹介しようと思います。

 

最初に大切なことを伝えますが、安静にしておいてくださいとよく言われますが、この安静と放置は別物です。

 

放置するとどうなるか?

 

子供の成長の妨げになります。

スポンサーリンク

なぜかというと子供のときなどはとても記憶力がいいのです。
そんななか、膝が痛くて治療期間も長くなるときずかぬうちに膝をカバーする動きが体に染みついてしまい、その結果、体のバランスが悪くなり、スポーツなどもうまくなれないことだってあります。

 

治そうとおもっても長期間になることだってあるのです。
オスグットは早期発見で正しい治療法が一番早く治るのに、放置をしたことによってその完治への道は長くなるのは必然行為です。

 

はたして、楽しい運動ができますか?
質問を返すようになりますが、膝などが痛いなかスポーツなどの運動をして楽しいですか?
私はメリットがないように感じます。
練習も質が悪くなり、パフォーマンスもさがるし膝をかばった動きがクセになれば、ほかの病気にもつながります。
安全安心の状態が一番ですね。

 

 

この通りオスグットを放置することによるメリットは全然感じられませんので、やはり早期発見の即治療が一番いいですので放置しないようにしましょう。

 

まとめ

 

・放置=安静ではない。

 

・オスグットの放置にメリットはない。

スポンサーリンク